JASPICはソフトウェアプロセスの改善に関する研究、普及活動を行っています

SPIトワイライトフォーラム 2020年12月

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第29回 SPIトワイライトフォーラム 2020年12月 参加者募集

   テーマ:アジャイル開発を4つの観点からもっと考えてみよう
      -人材育成、失敗から学ぶ、組織的支援、プロセス-

   講演者:和田 憲明(JASPICアジャイル分科会)
   主  催:日本SPIコンソーシアム(JASPIC)
   日  時:2020年12月15日(火) 18:30-20:30
   場  所:オンライン(Zoom)

日本SPIコンソーシアム(JASPIC)では、ソフトウェアプロセス改善
(SPI: Software Process Improvement)をテーマに、いろいろな視点/観点から
議論できる場として、トワイライトフォーラムを定期的に開催しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■概要

今回は、SPI Japan 2020 で好評を頂いた「アジャイルトーク」セッション
を再演し、更に、1.人材育成、2. 失敗から学ぶ、3. 組織的支援、4. プロセス
の4つの観点からアジャイル開発について議論します。
賛成・反対意見も含めた議論を通じて、参加者の方々がアジャイル開発を考え、
次の一歩を踏み出すヒントが得られることを狙いとします。

以下はSPI Japan 2020での講演からの抜粋です:
 1.人材育成
 アジャイル開発の始め方として参考になるのが、日本伝統文化の学び方である
 「守破離」と考えた。試しに茶道の本を読んだところ、とても参考になった。
 心・道理・作法という三層構造になっており、アジャイル開発と類似している。
 作法をまとめた「型」を実践することで、茶道やアジャイル開発を考え続ける
 ことができる。この「精神修行」を通して、人材の育成につながると考える。

 2.失敗から学ぶ
 私は「失敗から学ぶ」考え方を「3ボール・ジャグリング」で身につけた。
 ジャグリングの特徴として、「ボールを投げ始めないと、何も学べない」や、
 「成功と失敗がはっきりしている(落としたら失敗)」、「やってみると実は
 易しい」など、アジャイル開発に類似している点が多いと感じている。誰でも
 いつでも始められるジャグリングを通して、アジャイル開発の考え方を学ぼう。

 3.組織的支援
 テニスの上達理論をヒントに、組織的支援者の仕事を考察してみよう。
 「インナーテニス理論」によると、自分の中の感情的な部分が上達を妨げて
 いるので、感情を抑えることで、本能が実力を発揮できるようになるらしい。
 本能の部分を現場とするなら、感情の部分である組織的支援者は感情を抑えて、
 情報に色を付けず(個々の事象に対して良い悪いと言わない)、現場が判断する
 ための理想形を示し、現場を信じることが大切である、と考えることができる。

 4.プロセス
 アジャイル開発のプロセスは、変化を吸収し対応するための構造が必要である。
 多重ループ構造を作り、異種の変化を受け止めることが求められる。これは標準化の
 焦点になると考える。また、この構造を積極的に使って変化に対応することで、
 プロセスの形骸化を防ぐ。アジャイル開発はプロセス標準化のヒントとなる。


****************************** 開 催 要 領 *******************************
   1. 日時:2020年12月15日(火) 18:30 - 20:30

   2. プログラム(予定):
   18:10 - 18:30  オンライン受付
   18:30 - 18:40 進行方法の説明
   18:40 - 20:10 90分間で以下を3回繰り返す
    ・05分:アジャイルミニ講演の再演
    ・15分:わいわいトーク
    ・10分:参加者同士のトーク
   20:10 - 20:25 本日のふりかえり
   20:25 - 20:30 クロージング
   
   3. 定員:100名(申込み順、定員になり次第、受付を締め切ります)

   4. 参加費:一般 500円、JASPIC研究員 無料

   5. 申込み方法:
     - 「6. オンライン参加時にあたってのお願い」に同意の上、以下の申込み
      サイトよりお申し込みください。
      
      https://jaspic-twilight202012.peatix.com
      
      申込みの際に、氏名およびメールアドレス(ZoomのURLの送付先)を
      お伺いします。

     - 開催日の二日前までにZoomの参加URLを含む最終案内をお送りいたします
      のでご確認ください。
      
      届かなかった場合は、Peatixでの申込み時に入力されたアドレスが
      間違っていることが考えられます。下記「お問い合わせ」窓口まで
      ご連絡ください。
            
      - 領収書が必要な方は、Peatixから届く「お申込み詳細メール」の
       「領収データ」にアクセスしてください。
       
       なお、お申込み詳細メールはPeatix登録アドレスに送られますので、
       参加申込み時に入力するアドレスと異なる場合はご注意ください。   
    
     - お申込みに際して頂きました個人情報の取り扱いについては、
      Peatixの個人情報保護方針をご確認ください。
    
      日本SPIコンソーシアムが受け取る個人情報については、
      当催事へのご参加を可能にする目的のみで使用します。
      JASPIC個人情報保護方針
    
     - お問い合わせは下記までご連絡ください。
 
      連絡先アドレス: infoAアットjaspic.org
    (上記の「アット」を「@」に置き換えてください。
      件名に「SPIトワイライトフォーラムについて」とお書き添えください)
      
   6. オンライン参加時にあたってのお願い
     - PC、タブレット、スマートフォンでのご参加が可能です。
     - 通信環境の良いところ、周囲の騒音に配慮されるなど参加いただく環境に
      ご配慮ください。
     - 参加者側の通信環境などの不備により参加が困難となった場合、返金は
      ございません。
    
     - 以下の行為を禁止とさせていただいております。
      皆様のご協力をお願い申し上げます。
      
       + 著作権、商標権、プライバシー権、氏名権、肖像権、名誉等の
        他人の権利を侵害する行為
       + URL、ID、パスワードの第三者への譲渡、貸与
       + 登録者以外の第三者が参加・聴講される行為
       + 録音・録画行為、画面のスクリーンショット撮影
       + オンライン上で発生した不具合を利用する行為
       + 主催者の承諾なく、営利を目的とした情報提供等の行為
       + イベントに関係のない内容のチャット機能への書き込み
       + その他、主催者が不適切・不適当であると判断した行為
-----------------------------------------------------------------------------

イベント

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

イベント

PAGETOP
Copyright © JASPIC All Rights Reserved.