JASPICはソフトウェアプロセスの改善に関する研究、普及活動を行っています

プロダクトライン分科会

プロダクトライン分科会は、その名の通り「ソフトウェアプロダクトライン」に興味を持つ研究員が集まり、2005年から活動を続けています。 現状、10名の研究員が所属し、年度の初めに決めた活動テーマに沿って、各自が本業の傍ら調査検討した結果を持ち寄り、2ヶ月に1回程度集まって議論を交わすことで、新たな知見を獲得し、プロダクトラインへの理解を深めています。

その成果は、直接間接に自らの業務に活かすだけでなく、JASPIC内に展開するとともに、JASPICが開催する外部向けセミナーにて積極的に発信しています。

今までの活動内容を振り返りますと、当初は、プロダクトラインに関わる外国書籍や文献の勉強会から始め、次第に、具体的な事例調査による本質の理解へと進み、さらに、実際にプロダクトラインに取り組むための経営者への提案の仕方や、導入の過程に於いて注意すべきポイントの検討へと活動内容が移って参りました。

分科会メンバの経験や知見を活かした会合の場での議論を通じ、新たな理解を得て、今まであまり触れられていなかった観点からプロダクトライン開発の様々な姿と問題点について検討を進めております。 その一例として、グループ会社で分担してプロダクトライン開発に取り組む場合の注意点や、組織文化の違いや改善活動の経験がプロダクトライン導入戦略に与える影響、派生開発とプロダクトライン開発の差異など、いくつかの知見がこれまでに得られております。

当分科会の活動に興味をお持ちの研究員の方は、お気軽にお問い合わせください。私たちの活動にお力添え頂ければうれしいです。 またJASPICの研究員ではない方も、これから積極的に成果の公開を進めていく所存ですので、JASPICのウェブサイトを時々ご確認いただければ幸いです。

最近の活動

    • 2013.03.06於品川
      • トワイライトフォーラムで発表・討論
      • 「SPLE における導入時の課題 〜派生開発との違い、部分適用のやり方、構成管理など〜」
    • 2013.02.23於品川
      • 前年度の成果物のまとめ
      • 当年度の活動計画
      • 次回トワイライトフォーラムでの発表準備
    • 2012.11.09於秋葉原
      • 派生開発推進協議会との合同会合、XDDPからのSPLE移行を討論
    • 2012.09.07-08於御殿場
      • 夏セミチュートリアル報告、メンバ別調査結果報告と集中討論
    • 2012.07.20於大阪
    • 2012.06.15-16於御殿場
      • メンバ別調査結果報告と集中討論、チュートリアル内容検討
    • 2012.03.03於品川シーサイド
      • メンバ別調査結果状況の報告と討論
    • 2012.01.13於品川
      • SPLE+構成管理の情報調査結果検討、テーマ決定、活動予定
    • 2011.12.03 於池袋
    • 昨年度まとめ、例会成果報告(2012.02.22)準備
    • 今年度活動方針、テーマ、活動予定の決定
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © JASPIC All Rights Reserved.