JASPICはソフトウェアプロセスの改善に関する研究、普及活動を行っています

SPI Japan 2016発表募集

  • HOME »
  • SPI Japan 2016発表募集

SPI Japan 2016
– ソフトウェアプロセス改善カンファレンス 2016 –

SPI Japan 2016 本会議 発表応募を締切ました。多数の応募ありがとうございました。一般参加募集は2016年7月下旬以降を予定しております。ご参加お待ちしております。

■開催目的:
ソフトウェア開発プロセス改善活動で得られた技術や知見を総集し、その普及と技術力向上の場を提供する。
■日程:
2016年10月12日(水) ~ 10月14日(金)
■場所:
富山国際会議場 (富山県富山市)https://www.ticc.co.jp/
■主催:
日本SPIコンソーシアム(JASPIC)
■参加費:
本会議    :¥32,400-
チュートリアル:¥16,200-
■参加者募集:
7月下旬~10月上旬(予定)

 

本カンファレンスの今年のテーマは、

「はじめる!」  ~その力がここにある!~

です。

「現状を変えたい!」「変えてみたい!」でも、「その一歩が踏み出せない」
そんな悩みを抱えている方々も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを持った方々が、SPI Japanをきっかけに、同じ志を持つ仲間を
見つけ、「一歩を踏み出す」「何かを始める」。

そのための力を、私たちと一緒に作りませんか?

皆様の悩んだり苦労された事、工夫したり作り上げた事例は、それを必要と
する組織や仲間がいるはずです。

皆様が体験した「発見」「喜び」を世の中に伝えることで、何かを始める
ための、一歩を踏む出すためのお手伝いをしませんか。

当カンファレンスでは、皆様の発表を心よりお待ちしております。

——————————–
【発表の進め方】
——————————–
類似したテーマのセッションで構成され、お一人あたり20分のご発表と質疑
応答10分を予定しております。

詳細は採否通知時にお知らせします。

——————————–
【募集内容】
——————————–
募集する発表テーマはソフトウェアプロセス改善(SPI)に寄与するものでし
たら、何でも歓迎いたします。

・ソフトウェアプロセス改善の推進事例
・ソフトウェア開発や導入、運用保守にかかわる人材の育成
・組織の風土文化醸成や改善の取り組み、品質管理やレビュー、テストなど
プロセス改善を支える手法、技法の開発や導入
・派生開発やプロダクトライン、アジャイル開発など、新たな開発方法論・
手法への取り組み
・技術的なアプローチやその他のアプローチで、ソフトウェアプロセス改善
やQCD向上に寄与された事例

など、いままでの仕事の進め方をよりよくしていくための事例や提案を広く
募集します。

過去の発表概要はJASPICのホームページでご覧いただけますので、ご参照く
ださい。

【SPI Japan 2015】
http://www.jaspic.org/event/2015/SPIJapan/abstracts.pdf

【SPI Japan 2014】
http://www.jaspic.org/event/2014/SPIJapan/abstracts.pdf

また、過去の開催情報は以下からご覧いただけます。
http://www.jaspic.org/events/sj/

——————————–
【応募手続きについて】
——————————–
・応募にあたりましては発表応募カバーシート、発表概要(定型スタイル、自由
スタイルのいずれか)に必要な情報をご記入ください。

・発表応募カバーシートを、以下のURLからダウンロードしてください。

★発表応募カバーシート
http://www.jaspic.org/event/2016/SPIJapan/application/SPI_Japan-CoverSheet.docx

・発表概要のテンプレートを、定型スタイル(推奨)、自由スタイルのどちらか
を選択の上、以下のURLからダウンロードしてください。

★発表概要のテンプレート(定型スタイル):推奨
<発表内容>部分を、指定された章立てに沿って記入していただきます。
http://www.jaspic.org/event/2016/SPIJapan/application/SPI_Japan-AbstractTemplate_FixedForm.docx

★発表概要のテンプレート(自由スタイル):
『定型スタイル』の章立てを使用することが困難な場合は、こちらを使用
して下さい。
http://www.jaspic.org/event/2016/SPIJapan/application/SPI_Japan-AbstractTemplate_FreeForm.docx

★発表概要の作成方法については、以下のガイドで確認ください。
http://www.jaspic.org/event/2016/SPIJapan/application/SPI_Japan-AbstractGuide.pdf

・テンプレートのガイドに沿って発表概要を作成し、発表応募カバーシートへ
情報をご記入いただいた上、2点を下記までお送り下さい。
sjpresenアットjaspic.org(「アット」は “@”に置き換えてください)

・発表応募カバーシートと発表概要とをお送りいただいた後、一両日中(土日祝日
をはさむ場合は翌営業日)に担当者より受領の連絡をメールにて差し上げます。
連絡がない場合は文末お問い合わせ先にご一報ください。

・発表応募カバーシート/発表概要は日本語で作成してください。

・テンプレートのページ設定は変更しないでください。

・お一人様で複数のご応募は可能ですが、1つ1つを独立した応募としてください。

・応募までに社外発表の可否に関する社内手続きを済ませてください。採用決定
後の発表の取り下げはご遠慮ください。

——————————–
【採否審査について】
——————————–
・採否審査では、次の観点から総合的に評価を行います。
有用性:他者が欲しがる内容か。効果はどれだけか。
※想定する効果が明確であれば、その実績は問いません。
信頼性:記述内容の裏付けは十分か。

・審査結果およびコメントを、応募者全員にご連絡します。

——————————–
【発表資料等の提出について】
——————————–
・採用された方には、本会議前に、発表資料の送付をお願いします。発表資料の
書式等の詳細は採否通知時にお知らせいたします。

・同時に、審査時のコメントを反映し、発表資料との整合性が取れた発表概要を
改めてご提出下さい(審査時の版と差異がない場合は、再提出は不要です)。
この時点での発表概要が、事前公開および一般公開の対象となります。

・発表内容の追加・変更等により発表概要と差異が生じた場合は、発表概要も更
新し再提出してください。

・発表概要は、応募時点のものも含めて、当カンファレンスの発表内容の整理・
分析・テンプレート等の改善のために、JASPIC関係者が参照いたします。

・応募された発表概要、発表資料はJASPICの研究目的のために蓄積・利用させて
いただきます。

——————————–
【発表資料等の公開について】
——————————–
・発表いただく発表資料および発表概要(最新版)は、本会議参加申込者向けに、
JASPICホームページ内にて公開する予定です。

・SPI Japan 2016終了後は、一般向けに公開する予定です。

——————————–
【発表者への特典】
——————————–
・ご発表いただいた方は、1編につき1名がSPI Japan 2016の本会議参加
費用10,800円に割引となります。

・優秀なご発表内容については、JASPICから表彰させていただきます。

——————————–
【スケジュール】
——————————–
発表応募の締切         : 2016年6月6日(月) ※発表募集は締切りました。
採否通知               : 2016年7月中旬(予定)
発表資料等の提出締切   : 2016年9月下旬(予定)

——————————–
【お問い合わせ】
——————————–
発表募集についてご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせ下さい。
sjpresenアットjaspic.org(「アット」は “@”に置き換えてください)

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © JASPIC All Rights Reserved.